2021年08月01日

秋篠宮が・・

探してもそのことについて書かれた記事は出てこないのですが(もっと探せばあるのかも)、
昔、秋篠宮は、雅子さまに琴絵お少し悪く言っていました。
「何がそんなに苦痛なのか兄に聞いたら・・」
とか
「それってどうなんでしょうねーー」って紀子さまに顔を向けたり。
キコさんはその時笑っていて、「自分は言われたことを一つ、一つ、ただこなしてきました」とかって言っていて、どうして雅子さまはそれができないのかねー、、、みたいにも聞こえた。
キコ様の方が次の皇后にふさわしい、とまで言われていて、
あのデヴィ夫人も「本物のプリンセスはキコ様!」って言ってました。
今も言ってるのかどうかはわからない。
そんな風に、皆が雅子さまを攻め立てたましたが、今が逆になっています。
マコ様のこともあるのでしょうけど、っこさんってなんかしたたかなイメージがあ付きまとっています。
本当のところはどうかわからないけど、男女産み分けで男の子を産んだ、とかね。

昔の、その秋篠宮が雅子さまを侮辱したようなあの会見、動画が残ってないかなーー。
知ってたら教えてくださーい。

2021年07月01日

鳩を見て。。

庭によく鳩がきます。
庭にはと??はい、、よく来ます、たくさん来ます。
うちの周りには鳩が多いんです。
さてそんな鳩ですが、以前、お寺か神社で中国人と話していたら、そこにもたくさん鳩がいてですね、、
それを見た中国人の友人はあろうことか
「美味しそう。。」
って言ったんです!
おもわず笑ってしまいまして本気か聞いたら本気ですって。
鳩を見て、しかもよく太った鳩を見てそうおもわない中国人はいない、ってことでした。
まじか。。
私は「平和の象徴だー!」って思うのみで、もちろん鳩を食べたいとも、美味しそう、とも思ったことはない。
大体の人が同じだと思うのです。
さて、今、庭によくくる庭を見ても「平和だなー、、」って思うのですが、この中国人のことが時々思い出されてしまい、少々困っています。
今でも美味しそう、って思うのかなーーー。こわいなーー。
(本当にそれで取って食べたりするんだろうか??)

2021年06月01日

メーガンの子供たち

子供達、というには少し早いけど、二人目が生まれてくるから子供達。。
ヘンリー王子とメーガンの子供です。
kの子供たちには、王室のルールにそわなくてもいいようで、例えば、洗礼もしなくていいし、ある一定の時期まで半ズボンを履く、というのもない。
女の子では、イギリスっぽいドレスを着なくてもいいし、要するに自由。
アメリカナイズされていくんでしょうねー。
ヘンリーもなんだかアメリカ人っぽくなってきてるっていうし。
自由になりたかったのならそれはいいことです。

でも王室の血を受け継いでるってことになるとイギリスではなんだか複雑でしょう。
特にクイーンは。
チャールズも、今後王様になっていくのに、あまり目立たないし、人気もない。
そんななのに孫がアメリカで育ってアメリカ英語を話し、Tシャツ着て「いえい!」などやるとしたらやるせない。

下品な子供にはなって欲しくないけど、あれだけのお金を手に入れてしまうとね、、どうしても目に見えるよね、、、将来が。

2021年05月01日

やれというならやってもいいが

何か自分でビジネスをする、という友人がいて、、、こういうの、自分でやってみないとわからないんだけど、相当ーーー大変なんですよね。
応援はするけど、その商品とかサービスを買う、ってことはしない。
さてその人が、どのコンサルタントを使えばいいのか、って聞いてきました。
これも難しい。

コンサルタントを雇ったからってうまくいくとは限らないし、どこがいいかなんてさっぱりわからない。結局は本人が試していくしかないのだ。
そのコンサルタントのいうことをただやればいいって、、、そこもそうとも限らない。
でも、やれっていうならやってもいい、、とまで行ってるので、ではその人の言うことをまずは全部やってみたらいいのではないか、と思うのです。
やれと言うならやってもいい、この言葉がそのまま、では?
やってみたらいいのです。
私に聞いても答えはない。
ナースの仕事のことを聞かれたらって困るし(!)。
結局は全て本人です。
と言うことでよろしく!!

2021年04月01日

通信教育

知り合いで、中学生か高校生くらいの時に登校拒否になって引きこもっていた子がいますが、今は立派に働いています。
高校は卒業していないけど、通信教育で卒業したらしい。
おそらく、ですけど、大学も通信教育で卒業したのではないかなー。
すごいよね。
人とのか関わりは今もあまり出来ないらしいけど、でも家で??(おそらく)何か仕事はしてます。頭がいいのです。
あ、頭が良くなかったら通信教育には向いてない、が言いたいのではないですよ、努力次第で誰でもできることだと思う。
ただ、この子は本当に、もともと頭がいい子ではあった、ってだけです。
通信教育を受けた、というのはその子の家族からちらっと聞きました。
社会に出て仕事するには中卒では知識が足りない、ってことで、罰に学歴が欲しかったわけではないです。
そういう専門の学校で勉強したのだと思う。
これもあって、通信教育というのは否定はできないし、そのカリキュラムによっては素晴らしいものもあるんだろうな、って思う。
ただその見極めがむずあkしい。
どこがいいのか、などの情報、もっとあるといいですね。

2021年03月01日

ビジネスは継続

ビジネスを自分でしてる人に大事なことって、ビジネスの勉強ももちろんだけど、継続すること、、こと、というのは、そのパワーとか熱情。
これが大事です。
熱情だけではできない、予算があってもやり方を間違えたらできない、でも大体ビジネスを勉強してる人ってそんなことはわかってて、効率よくやるんだよね。
上手い人ってうまいです、とにかく。
何が違うか、、それは人によって違うけど、でも、その「何が違うか」をすでにテストして知っている人、です。
生半可じゃないんだよね、ビジネスって。
雇われている人にはわからない努力があるのだ。
なんでもそうだけど、継続は力なり、です。
頑張って続けようね!

ダメかも、、ってなってす具にやめsル人がおおすぎです。
続けるのです!
そしたらいいこともありますから!

2021年02月01日

格好いいヒュー!

オーストラリア出身のヒュー・ジャックマン。。。格好いいよねーー!
痺れてしまうーー。
映画「オーストラリア」が一番好きで、他は逆に「別に・・・」って感じ。
(えりかさまか!!)
「オーストラリア」を見ていなかったらここまで好きにならなかったかも。
あの映画はニコール・キッドマンが主役だったけど、ヒュー・ジャックマンも素敵だった。
この二人のあの映画はすごく似合っていた。
見てない人は見てね!オーストラリアの広大な土地とかもあっていい映画です。
アボリジニのことや、戦争中のこともあって、(日本人には酷なシーンもあるけど)歴史を学ぶにもいい映画です。

さてヒュー・ジャックマン。
彼は愛妻家でも有名です。
ね?いいでしょ、ミスター・ジャックマン。中泣きないよ、ハリウッドスターであれだけの愛妻家。
しかも、かなりな年上なんです。
大体はすごく若い人をお嫁さんにするものだよ、ハリウッドスターは!
でも違う。そこも格好いい。

2021年01月01日

xx才なのに・・

50才なのにスタイルがいい、とか、70才でこんな素敵、とか、逆に20台でこれ?みたいなものまで、年齢で評価する言葉が多い。
もちろんこういう世の中なので、戦略として使うことはあるかもしれない、でも、何歳だからなになに、、、なんてナンセンス。
そのひとの人生です。
とは言え、もちろん「え?そのとしでそんな素敵なの?」ってことがあるのも事実。
ただし、有名人は写真でだいぶ綺麗になれてしまうので、一般人でなら素直に感心します。
なかなか素敵な穂とっていないようでいるんですよね。
有名人になると、当たり前だっていうのもあって素直に感動できない。
一般人、しかも普通に生活してる(それを一般人と言うんだけど)ごく普通の人でそうなると素敵なことだと思うのです。

そして、願わくば自分もそう言う仲間に入れたらな、と。
素敵って言う意味は奥深いけど、とにかく素敵な人になりたいと思うのでした。

今年は素敵な人に近づくとしでありたいと思います!
あけましておめでとうございます。

2020年12月01日

400年ぶりだったんだ?

イギリスのロイヤル・ファミリーの話が結構好きで、BBCの番組など見ていますが、エリザベス女王の妹のマーガレット王女の離婚は、実は400年ぶりの離婚劇だったには初めて知りました。
ダイアナさんとか、結構皆離婚してるので、あるある、な話かと勝手に思ってましたよー。
400年前に離婚したのは誰だ、、ってことになりますが、、あの、ヘンリー8世かな??

マーガレット王女はよくタバコを吸っている写真が」あるので、よほどのヘビースモーカーだったようです。
そのために肺を悪くして、亡くなったのもそれが大きな原因だとか。
お酒も欲んでたしね。

400年ぶりに離婚したマーガレット王女ですが、日本と違って「出戻り」というか、公務には付けるのでね、ずっとクイーンを支えてきたのです。
ダイアナさんとも仲が良かったらしいけど、ダイアナ妃がテレビで感情をむき出しにしたことで亀裂が入ったとか、言われています。
全て本当の事かどうかは分からないですよ。

クイーンのお子さんも、ひとりを覗いてみなりこんしているし、りこんは今は珍しいことではなくなりましたがね。

2020年11月01日

真面目なんだからーー、、

アメリカの有名な俳優、トム・ハンクス。
トム・ハンクスは私生活でもとってもマジメで有名です。真面目だから、真面目な役柄しか出来ないんですって、、というか、できるだろうけど、似合わない(?)からしないみたい。
どの映画でも真面目ですもんね、だいたいは弁護士並みのエリートの役が多い。
真面目だから(笑)?
真面目だから出世するのなら私も出世してるはずだが、、w

さて、そんなトム・ハンクスの映画で今頭に浮かぶ好きな映画は、
「ブリッジ・オブ・スパイ」です。
スパイの物語、、でもなく、あっけなく初めに捕まってしまうスパイの弁護をする、という役柄。
ほーら、、弁護士だ。
なんかね、、これも実話で(トム・ハンクスは実話の映画化によく出る)、スパイとの友情を描いたものです。
もちろんそこを外しても立派に弁護するのですが。
見てない人は見てください、ドイツの歴史とかもわかる、いい映画ですよーー。
トムが演じるジム弁護士も格好いいし!
そして時々面白い。いつもながらも演技。
真面目なんだからーー。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38